カテゴリー
NFT STEPN 仮想通貨

STEPN:スニーカーの種類・品質

歩いたり走ったりするだけで仮想通貨が稼げると話題になっている、NFTゲーム“STEPN”(ステップン/ステプン)。
ゲーム内で効率よく稼ぎを得るために重要になってくるのが、アイテムの“スニーカー(靴)”です。

今回の記事は以下の2つについてまとめています。

スニーカーの種類(Class)
スニーカーの品質(Quality)


STEPNの基本中の基本、初心者さんに読んでほしい内容となっています。

スニーカーについてもう少し詳しい記事を後日更新予定です。
併せてそちらもよろしくお願いします^^

スニーカーの選び方

STEPNで仮想通貨を効率よく稼ぐために一番大事なのが、靴の選び方です。

・運動量
・運動強度
・コスト面

など、自身の条件によって選ぶ靴は変わってきます。

スニーカーの種類と比較

最適速度(km/時)移動基本リターン最低価格(Solana)最低価格(Binance)
Walker1〜6無理なく歩ける4GST4.19SOL
(約22,300円)
1.7BNB
(約66,000円)
Jogger4〜10早歩き、ジョギング5GST4.3SOL
(約22,900円)
1.74BNB
(約67,500円)
Runner8〜20ランニング6GST4.2SOL
(約22,300円)
1.73BNB
(約67,100円)
Trainer1〜20気分で速度変更できる4〜6.25GST7.1SOL
(約37,800円)
2.39BNB
(約92,700円)


※1SOL=5,322円/1BNB=38,784円
(2022年6月10日午前11時)
※基本リターン:最適速度で移動、1エネルギー消費に対して

Walker

Walkerは散歩をする感覚でゲームを無理なく楽しめます。


メリット
運動強度が最も低い
STEPNの利用を継続しやすい
よっぽどの悪天候でなければ歩ける


デメリット
油断すると適正速度を保てない
獲得GSTが最も低く効率性が落ちる
原資回収までに時間がかかる

Jogger

Joggerは早歩き、またはジョギングくらいのスピードで移動します。


メリット
Walkerより効率よく収益を得られる
Walkerより原資回収までの時間を短縮できる
Runnerほど運動強度が高くない



デメリット
エナジー量や獲得GST量が増加すると運動量も増えややキツく感じる
天候の影響を受けやすい


おすすめの靴はJogger!
私もJoggerで歩いてます

Runner

Runnerはランニングが趣味、日頃から長距離を走る習慣があるという方にはうってつけです。


メリット
GST獲得量が多く稼ぎやすい
原資回収までの時間をより短縮できる
他の種類の靴より安く入手しやすい



デメリット
エナジー量や獲得GST量が増加すると運動量も増えてしまう
天候の影響を受けやすい

買い手が他の靴より少ない傾向

Trainer

Trainerはオールラウンダー、歩きと走り両者に対応している靴で。


メリット
移動速度を変えても速度に応じたGSTを入手できる


デメリット
他の3足よりも値段が高い
初期投資費用が高くなり原資回収に時間がかかる

スニーカーの品質

靴は“適正速度(運動強度)の種類”だけでなく、それぞれ5つの品質が設定されています。

初期ステータス
最小値
初期ステータス
最大値
獲得できる
エネルギーボーナス
ステ振り可能値
(1レベルアップで)
Common1100+4
Uncommon818+1+6
Rare1535+2+8
Epic2863+3+10
Legendary50112+4+12

下にいくほど

・初期ステータス値の合計値が高い
・エネルギーボーナスが多くもらえる
・レベルアップ時のステ振りできる数が増える


といった恩恵があり、よりゲームを有利に進められます。
一方で高値で取引される傾向にあります。

つばさ

作成者: つばさ

好きな食べ物は魚と炭水化物!カロリーは幸福度!
FXや仮想通貨といった投資にマイナスのイメージからのスタートだった私が、『初心者の方にもわかりやすく』をモットーに記事を書いていきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です