カテゴリー
マイニング 仮想通貨

GPUマイニングにFPGAを併用してハッシュレートを倍にする!

今回は前回チラッと書いたGPUマイニングのハッシュレートを大幅に向上させ、さらに電気消費量も減らすツールをご紹介します。

次世代のマイニング

タイトル通り!

当サイトで度々登場するFPGAを使用します。

と、言っても以前ご紹介したGPUの代わりに全部FPGAを使用するものではなく、今回はGPUにFPGAを付け加えるようなやり方です。

FPGAもGPUと同じく値段がピンキリで、安いのは1万円から高いのは40万円ほどします。

前回のは1つ40万円のFPGAを使用するものでしたが、今回は2万円〜4万円のFPGAでOKです🦊

開発したのはアメリカの企業のSQRL
今後、FPGAマイニングの先駆けになる企業でしょう。

ツールの選び方

ハッシュレートを向上させるツールの種類は複数あり、自分の使用してるGPU、マイニングするアルゴリズムにあったツールを選ぶ必要があります。

現在、対応してるアルゴリズムはEthash、CryptoNight V1、Lyra2REV2、X16Rの4種類。

Acorn CLE – 101

199.99ドルと一番手軽価格で、対応してるアルゴリズムはEthash、CryptoNight V1。

どちらのアルゴリズムもASICが開発されてますが、Ethashの場合はASICの効率を超えることは出来ないまでも、電気消費量を60%もダウンさせるのは素晴らしいです。

CryptoNightですと電気消費量が90%もダウンして、さらにハッシュレートは33%も上昇するので、現在市場で売られてるASICの効率を大きく上まります。

※CLE-101は最先端のGPUには向いてないようですが、ハイエンドモデルでも数字が表記されてるので、TITAN Xなどを指してるのだと思います。

Acorn CLE – 215

CLE-101の性能は殆どそのままでLyra2REV2とX16Rのアルゴリズムが追加されてます。

Lyra2REV2にはローエンドモデル、X16Rにはハイエンドモデルが効率の上がり方が良いようですね。

ハイエンドモデルのGPU(1080ti、VEGA 56、VEGA 64など)に適してて、デュアルマイニングにも対応したツールです。

ETHlargementPillと組み合わせることで、最高のパフォーマンスを出せそうです。

Acorn CLE – 215+

大本命のツールです🦊
私はこれを試しに1つ注文してみました。
詐欺の可能性も0じゃないですからね、、、

見ての通り、グラボの種類によってはCLE-215より若干パフォーマンスが悪くなる場合がございます。

ご自身が使用してるグラボと比較して良くなる物を選んでください。

RX560でLyra2REV2のパフォーマンスがヤバいですね!

RX560はRX580の半分の電気消費量、半分のハッシュレート、さらに値段も半分!

しかしCLE-215+を使用したハッシュレートはRX580の1.5倍で、電気消費量は僅かしか上がらない!

最高ですね!

私は1080TIと1060のリグしかないので、ちゃんと機能したらGPUを買い足して検証してみようと思います。

商品説明では「ほとんどのアルゴリズムで最高のパフォーマンスを」と書かれているので、これからアップデートしていくのだと思います。

と言うことはつまり、こういったツールを使用せずにマイニングで利益を出すことが不可能になりますね。

普通にGPUだけでマイニングする時代は終わり、これからはプロフェッショナルなマイナーしか残らないのだと思います。

私は、、、そろそろ辞めようかな、、、、🦊

冗談ですw

これからも、このブログを読んでくださってる方達に仮想通貨やFXの有益な情報を発信できるよう精進していきます。

最後に

CLE-215+とライザーカードも注文したので、送料入れると500ドル程になりました。

手元に届くのは来月なので待ち遠しいです🦊

商品が届き次第テストしますので、結果はまたブログにて公開しようと思います。

では、今回はこの辺で🦊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です