カテゴリー
FX 初心者

FXのAブックとBブックの違い

FXにはAブック(A-book)Bブック(B-book)と呼ばれるものがあります。
これらを考慮してFX会社を選ぶトレーダーもいるので、なかなか重要なものです!
なので「スケッチブックは知ってるがそんな本知らん!」なんて言わず、覚えていってくださいね〜♪

Aブック・Bブックって??

国内や海外に限らずFX会社によって注文の処理方法が異なり、大きく2つに分類することができます。
それがAブック・Bブック^^

Aブックとは

Aブック(A-book)』は、FX社のディーラーが間にいない状態です。
よってトレーダーは、インターバンクと呼ばれる銀行や証券会社などが取引をするオンラインの市場を利用して、直接注文をすることとなります。
このようなトレーダー自身の注文がそのままインターバンクに通るような注文方式を、『NDD方式(No Dealing Desk)』といいます!

Aブックのメリット

Aブックのメリット

  • 透明性が高い(呑み行為が起きない)
  • 取引量、トレード手法などに制限がない

透明性が高い

Aブックであれば取引をする際、トレーダーとインターバンクの間にFX業者のディーラーを挟まないため、透明性が高いとされています。

後ほど説明しますが、Bブックの場合だとディーラーが間にいるため、注文がちゃんとインターバンクに流れるているかは不明です。
そのため、トレーダーからの注文をインターバンクに流さずにFX業者の中で取引を成立させる『呑み行為』が発生する可能性もあります><

早い話、インターバンクに注文だしといてねーってお金をディーラーに渡したはいいけど、ディーラーがインターバンクと取引が成立したということにしておいて、受け取ったお金をFX社の儲けにすることだってあり得る話なんです!!

取引量、トレード手法などに制限がない

Aブックを採用しているFX会社だと、取引できるロット数やトレードの手法に制限を設けていない場合があります。
ってことは、トレーダーは制限に縛られず利益を作るチャンスでもあるというわけですね!

Aブックのデメリット

Aブックのデメリット

  • 思ったとおりに取引ができない場合がある
  • トレードにかかるコストが高い

思ったとおりに取引ができない場合がある

インターバンクに直接注文することになるため、価格変動が激しい時に注文をすると、

・注文を出した時の価格と実際に成立した価格で差が発生する『スリッページ
・注文をした価格で取引が成立される『約定力』が低下


などにより、
「思ってた価格より高い値段で買いの注文がはいった」
「この値段で決済できなくて利益が減った」
といった事態が起こり得ます。

場合によっては約定拒否も?!
取引そのものをさせてもらえなかったら元も子もない;;

トレードにかかるコストが高い

・スプレッドが広め
・取引手数料(コミッション)がかかる
・証拠金が高い(1lot=10万通貨など)


上記がAブックのFX業者でかかるコストとして挙げられます。
トータルでかかるコストが高額のため、FX初心者の方にとってハードルが高め><

Bブックとは

Bブック(B-book)』はトレーダーのインターバンクの間に、FX業者のディーラーが間にはいります。
なのでトレーダーの注文を受けディーラーがインターバンクに同じ注文をいれることになり、このような注文方式を『DD方式(Dealing Desk)』といいます。
また、カバー取引とか店頭取引方式(OTC方式)なんて呼ばれ方もします!

Bブックのメリット

Bブックのメリット

  • トレードにかかるコストを抑えられる
  • 高いレバレッジをかけることができる

トレードにかかるコストを抑えられる

スプレッドが狭い
・取引手数料がない


というのが、BブックのFX会社の特徴であり、取引にかかるコストを低く抑えることができます!
また、入金ボーナスや証拠金ボーナスといったキャンペーンも充実している場合が多いです^^

高いレバレッジをかけることができる

Bブックの最大の魅力とも言えるのが、高いレバレッジをかけることができること!
ハイレバレッジはAブックでは見られないため、大きな利益を得やすいといえます^^

Bブックのデメリット

Bブックのデメリット

  • トレードを意図的に妨害をされる可能性がある

トレーダーが利益をたくさんだすと、BブックのFX会社は儲けがでなくて面白くない><

・出金拒否や口座凍結
・意図的なスリッページを発生させる
・約定拒否


といった意図的な妨害を大きな利益を作ったトレーダーに行う可能性があります。
上記で説明した『呑み行為』もあり得ない話ではない;;
これがBブックの透明性が欠如していると言われる所以なのでしょう。。

FX会社によっては規約で「●●は禁止!」と明言していないところもあります。
そこをつかれてしまい不利な状況になる場合があるので、注意が必要><

Aブック・Bブックだけ採択という業者は少ない

それぞれについて説明してきましたが、
「この会社は完全にAブック!」
「ここはBブック!」
ってことは少なく、実際はAブックとBブックどちらも併用した形が多いようです。
しかし現状は併用といっても、Bブックのカバー取引の取引形式が多く、FXはBブックが主体であるという印象です!
FX会社も儲けを出さなきゃですからね^^;

つばさ

作成者: つばさ

好きな食べ物は魚と炭水化物!カロリーは幸福度!
FXや仮想通貨といった投資にマイナスのイメージからのスタートだった私が、『初心者の方にもわかりやすく』をモットーに記事を書いていきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です