カテゴリー
FX 初心者

NFT

みなさん“NFT”ってご存知でしょうか?
NFTアート”ならば耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう^^
実はこれ、芸術や音楽といったアートやゲームといった分野だけにとどまらず、不動産や会員権といったあらゆる分野で活用されているものです!
私のような一般庶民も簡単に利用ができて、儲かる可能性を秘めたすごいやつなんですよ〜><

NFTとは?

NFT(Non Fungible Token)』、訳して“代替代替性トークン”です。
ブロックチェーンという技術を使うことで世界に一つしかないものと証明ができるデジタル資産のことを指します^^


はい、投資関連あるある〜!!
小難しい単語並べたがる〜(笑)

こんなん初見で見せられたらたまったもんじゃない!

ってことで、わかりやすく説明して参ります^^

ブロックチェーンとは?

まずは仮想通貨の基盤にもなっている『ブロックチェーン』の説明を♪

ブロックチェーンの特徴


  • 取引データを管理、保存ができる
  • ユーザーみんなでお互いを監視しあう

仮想通貨の決済や送金といった取引データを管理と保存ができるブロックチェーンという技術!

上記の画像のように
一定の量ごとに区切られたブロックが複数並んでいます。
そのブロックの中には

・取引履歴(新しいものも古いものも)
・利用者の情報


といったもので構成されていて、次のブロックへ、そしてまた別のブロックへとチェーン状に引き継がれていきます^^

また、大概の仮想通貨において『パブリックブロックチェーン』が運用されいます。
これの場合、取引データがみんなに公開されているので、利用者同士で監視しあうことができます!
よってデータの書き換えや削除といった不正を働いたらバレる仕組みになっています。

僕の体重は書き換えてええんやで


私は体重と人生の書き換えでお願いします!
って、リゼロの死に戻りか〜い(笑)

トークンとは?

仮想通貨の世界における『トークン』とは、ブロックチェーンを使って発行された独自の仮想通貨のことを指します^^

トークンの特徴


  • 発行者や管理者が存在する
  • 誰でも発行ができる
  • オリジナルの価値をつけている

トークンは他の仮想通貨と違い、個人や企業、団体といった基本的にどのような人でも発行や管理が可能です^^
また、通貨としての価値だけでなく、それ以外の価値も付け加えるように設定することができます!

アイドルのCDに握手券もついている、っていう感じの解釈でOKだと思います♪

結局NFTって?

ブロックチェーンとトークンについて知ったところで、結局“NFT”ってなんぞやっていう疑問にお答えです♪

これまでデータ上のアートや音楽といった作品は、改ざんや複製が簡単で、誰が作成したもので誰から誰に渡ったものかといった情報が不透明でした。
よって、アナログデータみたいな価値があるとは捉えてもらえませんでした;;

しかし、そういったデメリットを解消するのがブロックチェーン技術がついたNFT
これが加わることで、データ上の作品でもこの世に一つしかないものだという価値がつき、それを証明することも可能というわけです♪

NFTのメリット

NFTのメリット


  • その作品の価値を証明できる
  • どんな人でも作成ができる

NFTが使われることで取引情報は管理や保存をされ、データの改ざんを防げます。
よってそのデータ作品が他にないもの、世界に一つだけのものであるという価値を証明にもつながります。
しかも作品は誰でも作れて、仮想通貨で売買することもできるし、他の人に譲渡することもできちゃいます◎

NFTのデメリット

NFTのデメリット


  • 契約する時に手数料がかかる
  • 著作権を侵害していても気づかない場合がある

NFTを利用する際に特に気をつけてほしいのが上の2つ!

契約する時に『ガス代』と呼ばれる手数料が発生します。
これは、ユーザーアクセス数が多いほど高くなる傾向にあります><

そして、NFTはブロックチェーンがついているから安心なんてことはありません
これは販売している個人や企業、団体などを証明することはできます。
しかし、販売している人が著作権を保有しているとは言い切れないです;;
ひょっともしたら他の誰かの作品を勝手に売っている可能性だってあるので、念頭におきましょう><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です