カテゴリー
ファイナンス 仮想通貨

ビットコインを現金化するならLexxPay

Bitwalletが海外送金を禁止する動きがあるみたいです。
私はいくつか海外の銀行口座を保有してますが、今までBitwalletから送金(本人名義)してた口座に送金できずBitwalletに戻ってきました。
次にビットコインを日本の取引所や銀行と干渉させずに現金化させるにはLexxPayをオススメします。
LexxPayはラオス最大手銀行のJDB銀行と連動するオンラインサービスでVISA付きのカードを得ることができます。

JDB銀行のVISA付きカードで出金とカード決済

LexxPayからJDB銀行を口座開設するとVISA付きのデビットカードを作る事ができるのでセブンイレブンのATMで出金もできるし買い物で決済が可能です。

気になる出金限度額ですが、私は1日いくら出金できるから試したところ、160万円までATMで出金できました。
しかし、160万円出金した直後、出金はおろか残高も見れなくなりました。
銀行ではなく、VISA側のシステムで止められたようで、LexxPayに問い合わせしました。

お世話になります。

本日JDB銀行のカードで出金したんですが、
160万円を出金したところで、残高も見れなくなってしまいました。
VISA側で止められたのでしょうか?

また後日には使えるようになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

お世話になります。 LEXXPAYサポートです。
同じ日に10回以上の使用はおやめください。
VISAのセキュリティーで停止する場合、 皆さん止まる可能性あるのでご協力お願いします。    
数日に分け(1日1回)何回か改めてお試しいただけますか?
3回以上できないようでしたら、ロック掛かった可能性がありますので、 ご連絡ください。


つまり、1日の出金上限は100万円までに抑える必要があるという事です。supportからの返信であるように、他の利用者のカードも止まって他のLexxPayユーザーにも迷惑がかかる可能性があるので、無茶な出金はやめましょう(^_^;)

デビッドカードのチャージ手順

ビットコインでJDB銀行カードにチャージするには3段階の手順が必要です。

〜 ステップ1 〜

LexxPayにログインしてBTCを指定のBTCアドレスに送金。(両替の最小額は0.001BTCになるので0.001以上のBTCを送金して下さい)

Depositをクリックすると自分専用のBTCアドレスが表示されるのでアドレスをコピーまたはQRコードを読み取ってBTCを送金します。

〜 ステップ2 〜

BTCが着金したらドルに換金します。

着金するのは数時間から数日かかる場合もあります。
通知は来ないので、急いでる方はこまめにログインして確認しましょう。

①「Exchange」
BTCの着金を確認したら左サイドメニューのExchangeをクリック。
②「Exchange Currency」
BTC to USDがビットコインを米ドルに両替なのでそのままでOK。(逆にすればUSDをビットコインに戻すことも可能)
③「Exchange Amount」両替するBTCの量を決めて下さい。入力すると、入力したBTCの量に応じたレートが表示されるのでOKなら④「SUBMIT」で確定。

〜 ステップ3 〜

LexxPayからJDB銀行カードにチャージ
トップページに戻り「Account USD Balance」に金額が反映されてればLexxPay内での両替はOKです。


しかし、LexxPayでUSDに両替しても、この段階ではまだJDB銀行には反映しておらず、次に手続きが必要です。

左サイドメニューの①「Charge」のページに。
②「Charge Amount」はJDB銀行にチャージする金額をUSDで入力し、OKなら④「SUBMIT」で確定。

JDB銀行にチャージされるには2日営業日ほどかかります。
(画像は少し出金した後なので減ってますが、ちゃんとチャージした金額がそのまま反映されます)

「Account Bank Balance」に残高が反映されてたらJDB銀行にチャージ完了です。
こちらも通知が来ないのでLaxxPayにログインして着金されてるか確認して下さい。

LexxPayの機能紹介

JDB銀行を利用するということはビットコインを現金化させたい方がほとんどだと思いますので、デビッドカード以外は必要ないでしょうが、ここからはLexxPay全機能、使い方をご説明いたします。(参考までに)

BTCと法定通貨の送金

LexxPayではビットコインとドル建ての送金が可能で、種類は3つあります。

LexxPayでの送金手段は3つあります。

 

  • ビットコインの送金手順
  • LexxPay間での法定通貨送金
  • 本人名義への法定通貨送金

ビットコインの送金手順

サイドメニューの「Transfer」を選択します。
①「Transfer Currency」そのままBTCでOKです
②「Bitcoin Address」送金するBTCアドレスを入力またはコピペ
③「Transfer Amount」送金するBTCの金額を入力
④「SUBMIT」実行をクリックすれば完了です。

LexxPay間での法定通貨送金

LeexPay間での送金には相手側の「Wallet ID」を用意して下さい。wallet IDを知るには右上「Account」をクリックすれば、ご確認いただけます。

本題の送金手順です。

①「Transfer Currency」USDを選択
②「Wallet ID」
先ほどの説明した、送金相手のWallet ID
③「Transfer Amount」
送金する金額を入力
「SUBMIT」実行をクリックすれば完了です。

本人名義への法定通貨送金

海外の銀行を利用した事がない方だと少し不安かもしれませんが、詳しくご説明するので参考にして下さい。

海外送金は全て英語で入力する必要があります。
「〇〇銀行 海外送金 受け取り」でググって事前に情報入手しましょう。

【三井住友銀行へ送金する場合の例】

・受取人取引銀行名:SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION(SWIFTコード:SMBCJPJT)

・受取人取引支店名: ○○○○ BRANCH

・受取人取引支店住所:(例=東京営業部:1-1-2 MARUNOUCHI CHIYODA-KU TOKYO JAPAN 100-0005

「BANK TRANSFER」左サイドBANK TRANSFERをクリック。
①「Transfer Amount」送金する金額を入力(USD)
②「Bank Name」送金先の銀行名を入力します。
(例)SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION 
③「Swift Code」送金する銀行のSwift Codeは「〇〇銀行 Swift Code」で検索するとわかります。
(例)SMBCJPJT
④「Branch Name」支店名をローマ字で記入し最後にBRANCHを付け足します。(例 TOKYOEIGYOBU BRANCH)
⑤「Bank Address」支店の住所を入力します。
(例)1-1-2 MARUNOUCHI CHIYODA-KU TOKYO JAPAN 100-0005
⑥「Bank Address Country」支店の国名を選択します。
日本で口座開設したならJAPANでOK。
「Beneficiaty Name」こちらの項目は本人名義にしか送金できないので変更不可です。
必ずLexxPayで口座開設した名義に送金しましょう。
⑧「Beneficiary Account Number」支店番号と口座番号を入力します。
(例)支店番号【 123 】口座番号【 456789 】なら123456789とスペースを空けず入力しましょう。
⑨「Transfer Purpose」自分に送金するのでsavings(貯金)でOK。
最後に「SUBMIT」をクリックすれば完了です。

注意
 
ここまで三井住友銀行を例にご説明しましたが、特殊なケースを除き、日本の銀行への送金はオススメしません。
言わずとも分かると思いますが、JDB銀行を利用する意味がなくなるからです(^_^;)


基本的に海外の銀行口座は現地へ行って開設しますが、最近はアクレダ銀行やジョージア銀行など業者に依頼すれば日本からでも口座開設できるサービスがあります。
まだ海外の銀行口座をお持ちでない方、興味がある方は当サイトに問い合わせて頂ければ私自身も依頼した信頼できる業者をご紹介致します。
お気軽にお問い合わせください。

定期預金

LexxPayにてUSDに両替すると5,000ドルから定期預金を利用する事が可能になります。
この記事を見つけるくらいですから、ご存知だと思いますが、日本は預金に対して超低金利の国です。
定期預金にしても年間0.25%がいいとこです。
しかし海外の銀行では高金利のものが多く存在します。
LexxPayも例外ではありませんが、私が調べたところ、本家のJDB銀行の方が金利はいいです。

期間LexxPayJDB Bank
3ヶ月3.16%
6ヶ月3.95%
9ヶ月4.77%
12ヶ月3.60%5.59%
18ヶ月6.15%
24ヶ月6.71%
36ヶ月4.80%6.77%
48ヶ月6.83%
60ヶ月6.00%6.90%
84ヶ月7.20%
※JDB銀行は外国人の定期預金を受け付けていません。

各種履歴(HISTORY)

「 HISTORY 」では以下の履歴を確認する事ができます。

・Deposit History(ビットコインの入出金)
・Exchange History(BTC/USDの両替)
・Charge History(JDB銀行へのチャージ)
・Transfer History(USDの出金)
・Time Deposit History(定期預金)
・Bank Card History(カードの利用)

ご覧のとおり出金しまくってます(笑)
カードの出金手数料は1回に3,000円で28ドルほどになります。
銀行レートなので$/1円ほど悪いので、ざっくりですが100,000円出金するのに大体5,000円ほどコストがかかる感じです。

「ビットコインを現金化するならLexxPay」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です